05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも元気

よく言われる。

「いつも元気だね」と・・・

でも、そんなことはあり得ない。風邪もひくし、熱も出す。それに精神的に落ち込むことだってある。
喜怒哀楽があるから、ずっと元気なんてあり得ない。

ただ、人前では悲しい顔を見せないようにしたいし、それはナースとしても何度となく訓練されてきたことでもある。



次年度で4年目になる仕事に、何度も腹立たしさを感じ、毎回悩むところ。

続けていられるのは、同じ気持ちを持つ同僚がいることと、病院勤務をするよりはダイレクトに命に関わらないある意味の気楽さと、時給の魅力・・・それから趣味と両立できる勤務条件


嫌なことは



どうしても人格の合わない人


つまり、



人間関係???

これって、きっと自分が事業主にならない限り永遠に続く問題?


それから、もう1つ・・・せっかくナースの資格があるので、医療の現場に関わりたい。




そう思うと、両方の仕事をする?

ただでさえ、母親業、娘業、妻業、趣味に忙しい人なのに・・・仕事増やして大丈夫なの?と


自問自答する




だから、ちょっと考えちゃう。





娘に聞かれた。


「どうして、ナースになろうと思ったの?」


「自立したかったから。おじいちゃん(私の父親)が病気で入退院をしてたから、それが大きな理由かな」

「じゃあ、●●ちゃんと同じだね。●●ちゃんはおじさんが目が見えなくて、直してあげたいと思うから、点字も勉強して、お医者さんになりたいんだって」


●●ちゃんはいつも元気な女の子で、娘の同級生。
気持ちは大切だけど、今のご時世、気持ちだけでは好きな職業には就けない。だから、私は娘に言ったことがある。

「今の●●ちゃんの気持ちはとても良いと思うけど、もうちょっと勉強して医学部に行けるようにしないと医者にはなれない。ナースのママが言うのだから、ある意味間違ってはいない」



「そういえば、●●ちゃんびっくりしてた。『○×(娘の名前)のママ、ナースだったの?』って」

そりゃ、そうでしょ?●●ちゃんと会うとき、私白衣着ていないし、病院などで働いてるところ、見たことないだろうから。



今の仕事も嫌いじゃないけど、やっぱ、ナースの方が私らしいのかな。。。
スポンサーサイト

theme : がんばれ自分!
genre : ヘルス・ダイエット

Secret

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。