07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫のこと

今朝、ダーリンに

「今日は、オフだからのんびりするよ」と言ったら
「そうするといい」

即答の返事が返ってきました。

きっとダーリンから見ると、私は忙しくいつも飛び回って見えるのでしょう。
(まさにそうなんだけど)

「でも、やらなきゃいけないこともあるし、もしなきゃいけないのだけどね」



ダーリンとは学生時代からの知り合いで、私は高校生の時に会った人です。その時はのっぽでひょろひょろの大学生でした。

出会った頃は、私には別に彼氏がいたし、ダーリンの方にもいたのかも???



つきあう、つきあわないという段階はなく、それぞれの事情で「会わない時期」があって、再会したときに偶然共通のテーマ「北海道に旅行」と言うことがきっかけで接近。


私は既にその時、友人と道東の旅行を数日後に控えていました。
貧乏学生だった私達は、交通費を削るため往復船の旅

私は乗り物酔いしやすい体質で、友人Yに「私、酔うから迷惑かけると思うけど」と宣言。
友人は「大丈夫。私達はナースの卵だから、ちゃんと看病してあげるから」と。


行きはわくわく北海道だったので酔わなかったのだけど、帰りの船はぼろぼろ・・・


そんなときに思い出したのが今のダーリンが
「酔いそうになったら、僕の所にしておいで」だったんですよね~

ふらふらの足でYに支えられて船から電話をかけた記憶です。



でも、きっとその頃の話をダーリンは覚えていないでしょうね。


私が当時つきあっていた人には、そう言えば、名古屋港まで送ってもらいました。
フォルクスワーゲンのうるさい車で(帰りはどうしたんだろう???)

とにかく早く家から出たかった私は、学生だったのにフォルクスワーゲン彼と一緒に過ごすことばかり考えていた時期もありましたが、あまりの彼の不誠実なところが嫌になり、そのタイミングの北海道旅行でもあったかな~


Yちゃんも今は結婚して4児のママ、あの頃私達ホント色々あったよね。

ダーリンとは、ダーリンが北海道に旅行に行ってしばらくしてから、なぜかつきあうことになり(私も、ダーリンもフリーになったこともあって・・・)


そう思うと、私って当時男見る目なかったなぁ~(今もないかも???)

紆余曲折あって今に至ってます。(紆余曲折はたくさん曲がったから、省略と言うことで)
スポンサーサイト

theme : 家族
genre : 結婚・家庭生活

Secret

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。