09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛のお手本

私の仲の良い友人は、幾人かバツイチがいる。

そのうちの一人でもあるSはその後たぶん彼氏もいない状態で、子ども2人を育てながら働いている。
さばさばしてて、良いヤツだ。(女性なんだけど)

一緒に話をしていて、娘の話題になる。

中学生にもなると色恋沙汰がもめ事になったりするよね~
私達の時もあったよね、取った取られたって・・・

その時友人が

「我が家の場合、恋愛の手本である親である私達が失敗しているから」と・・・


そなのか~親って恋愛のお手本だったのか~と改めて感じた。
今までそういう風に想ったことないから。

自分の両親にしても、他の夫婦をみても・・・
芸能人カップルを見てもうらやましいって想ったのって少ないと想う。特に芸能人は謎多いからね。


確かに今でもLOVELOVEな夫婦はいるけどね・・・微妙にうらやましいぐらい。

この微妙ってところが味噌で・・・


私は友人に「良いじゃない?反面教師で、いい男の見分け方は自然に身につくかも?」と言っておいたんだけど。


改めて、自分はダーリンとどうなんだろうな?決してLOVELOVEではないけど、
一番わかりやすいのは冷蔵庫の中で凍りかけた愛を
持ってる夫婦なのかもしれないなぁ~情はあるけど残念ながら恋はしていない・・・

もしも・・・今私が恋をしているとしたら、それは人間相手ではなくて、「絵」に対してだって言えると思う。
スポンサーサイト

theme : ひとりごと
genre : 恋愛

Secret

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。