07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

途絶えたメール

ちょっと前、友人と連日1往復以上のメールを毎日していた。



その友人とは、学生時代からの知り合いなのだけど、かなりブランクがあった。


お互いに結婚もしていたが、先方は離婚裁判中だという。




私の周りに「離婚」経験者は増える一方だし、それぞれの理由はあるのだろうから、あえて聞かなかったのだけど、毎日メールをしていく中でパートナーはこういう人、毎日が辛かったなどと心の中を吐露していくと、私はその状況をメールで想像して、私なりの見解をまたメールで返すしかなかった。




ところがある日、ぱったりとメールがなくなった。


携帯もPCもメルアドは知っているので、ただ単にPCの調子が悪いとは思いがたく、理由は、たぶん私のメールの内容に返事をする気がなくなったのだと思う。







メールはとても便利だと思うけど、今回のように心の中に思っている事で微妙に相手がどう受け取るか分からないようなナイーブな問題は本当に難しいと思う。




ちょっと名古屋で会いましょう。ぐらいの距離にいれば、誤解も解けるのかもしれないけど、先方はちょっと遠くで簡単に会えそうもない。それに会うことがはたして良いのかどうかすら、分からないのだ。






メールがないことを心配する反面、ちょっとホッとしている私もいる。



少し待ってみようと思う。




スポンサーサイト

theme : ■離婚を有利に■
genre : 結婚・家庭生活

Secret

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。