09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒舌な友人

友人I君とは、高校1年生の時からのつきあいで、彼のわがままなところも、ワンマンなところも、寂しがりやな所も全部知ってる。

よく考えたら、ダーリンよりも古くから知っていて、だけど、就職してから、お互いが結婚してからは、さすがに学生の時みたいに会えなくなった。


それでも今も友人でいられる大切なBF





学生の時から、ときどきたいしたことでもないのに、何かをテーマに衝突することもあったし、認め合ったり、あるいは戦い疲れて、「もう良い!」と思ったり・・・


今回も。。。

そう今回の同窓会の事でも、しばしば同上のことが起きていたと私は認識している。





本当に学生の時、私の親友が彼を好きだった。彼の魅力は、良く分かる。

でも、親友の恋は実らず、私も微妙なポジションにいたし。。。私自身は、時に彼と近距離にいたり、遠くにいた。


彼は、私に対して、似たような感情を持っているのか、押したり引いたりしていた。

私が不安定な時は、彼の言葉にとても傷つき、強気でいる時は、彼の行動ですら大きく構えられる。


いつも言えるのは、彼は、対等の位置にいて、決して彼氏という存在にはならない。


とても不思議な存在でもある。



決してイケメンでもなく、強引だとも思う。だけど、いつも引きつけられる魅力を持つ。
統率力とでもいうのかな??


これからも、たぶん押したり引いたりしながら、それも無意識に

関わっていく人なんだろうと思う。


私も同じように遠ざけたり、近づいたりしながら。




彼の毒舌に、傷ついて凹む時は、共通の友人に慰めてもらう時もあるし、全く関係のない友人に優しくしてもらう時もある。



まだまだ戦いは続きそうだけど、学生の時ときっと大して変わらない戦略でどちらかが勝つことも負けることもないよね。



男女の友情に、今度はまた乾杯しよう
スポンサーサイト

theme : ひとりごと
genre : 心と身体

Secret

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。