10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴール

先日、近所のスーパーで友人と再会。

友人は、そこでレジなどをしながら働いている。私が10数年前に息子を妊娠した時に切迫流産で入院し、その時仲良くなった友人である。出産の時期は、少し違って彼女は、私よりも少し年上だったと事もあって当時6歳になる息子君の次の出産だった。


出産後もたまに会ったりしていたのだけど、友人の所の第2子は、障害児というレッテルを貼られることになり、通常の教育などは受けられず、施設に通っている。


「今の医療は、彼女(第2子)を長く生かすことは出来るけど、それでも綱渡りをしているような物で、親として何処まで生かしてあげたらいいのか悩む」


と言っていた。


もちろん私が、ナースであることを知っているから、そう言う話をするんだと思う。
正解はない。ゴールもよく見えない。



本心を言えば、答えは神様が導くんだと思う。決めるのは、私達人間なんだろうけど、何かしらいつも見えない糸に導かれてるようなそんな気がする。




命の現場にいるから(いたから)分かる第6感みたいなものだけど。




きっと人間同士の出会いも、そうやって導かれている。生まれる場所も、学校も、恋愛(結婚・離婚)も、仕事も。


天命ってきっとあるから、焦らないでって。
それは、子どもでも大人でも老人でも同じなんじゃないかな。
スポンサーサイト

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

Secret

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。