10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らしさと迷い

このことを、ブログに書くかどうかちょっと迷ってもいたけど。

少し心が穏やかになってきたので、自分に素直になって、ちょっとだけ。。。


中学生の頃、なりたいと思っていた職業とは違う仕事に就いた私。私自身の事情が一番なのだけど、家族の事情などもあったし、今は、ナースになって良かったと思っている。今は臨床にはいないけど、また臨床に戻っても良いし、間接的に医療に関わっても良いと思ってる。それが自分の「らしい」仕事だと思っている。



かれこれ10年前にトールに出会った。
絵を描くことは、あまり好きではなかったけど、限りなく塗り絵に近いトールペイントは、わかりやすかったし、楽しかった。そのうちだんだん欲が出て、上手になりたかったし、色んなジャンルのトールを描きたいと思った。



でも、トールのすべてのジャンルのを制覇するのは無理だと途中で気がつく。ジャンルの中には、好きではないモノもあるから、好きではないモノは結局気力が持たないモノ。


好きな作風のペインターさんのセミナーにも積極的に行った時期もあるので、それぞれのペインターさんの気持ちというか価値観も部分的に知った。




トールを始めた頃よりあこがれていたある先生に師事してた。
(今もしてるけど)


でも、やっぱ、この頃強く思うのは、自分の作品が描きたいってこと。


先生や、他の著名なペインターさんのデザインしたモノも確かに素敵だけど。
それは、結局私という個性満開の作品ではないから。


トールをする人の中にはオリジナルばかりの方もいます。

現に先生達は、オリジナルを商品として出しているわけだから。



私自身は、トールを仕事にする気はなくて(もちろん教えている生徒さんがいるから、部分的には仕事かもしれないけど)、本業はやっぱナースなんだよね。
絵を教える理由も、心の理由からだし。


まだ少し迷っていて、ゆっくりと結論を出していかなきゃいけないのだけど。




きっと答えは自ずから出てくると思ってる。


スポンサーサイト

theme : ハンドメイド
genre : 趣味・実用

Secret

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。