06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の同級生

息子の同級生P君と、そのママKさんと3人で語り合ってしまいました。

元々は、私がKさんに用事があったのでお宅訪問したのですが、「今日、サッカーあるの?」とP君が登場したところで3人の雑談が・・・

今、中学生は学年末テスト週間で


P君も我が息子君もちょっと成績が芳しくありません。と言っても、2人とも似たような位置にいますけどね。



それで、最近危機感を感じたP君は塾に通う決意をしたんです。


P君は高校でやりたいことがあって、その高校に入るためには勉強しないと駄目と言うことに気がついたというのです。

彼は、英語が苦手なので、「英語の点数を上げるためには、こうすると・・・」と私が話したら

目を丸くして「それ、塾の先生と全く同じことを言う」と感激していました。






一応、私も塾講師してましたから・・・英語担当ではないけど、大体の教科のポイントはわかります。
言うのは簡単、でもちょっとばかり記憶力は減退してます。




いずれにしても3人で(特に私とP君)盛り上がって、気がついたら夕食時になっていたので帰宅した私ですが、

息子君には同じ話をしても、無視されるか反抗されるんですよね。


「母親」であることは、冷静さを失うのかも入れないですね。


「同じことを何度も言われるとむかつく」



これは、P君も言ってました。



せっかく良い方法をアドバイスしているつもりなんですけど、聞き入れてもらえないのはちょっと残念です。

時間は限られているので、もう少し危機感感じて欲しいです、我が息子に。
スポンサーサイト

theme : 中学生のママ
genre : 育児

Secret

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。