05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかっているのかいないのか?

甥が、大学に入ってからバンドを始めたというのでほほえましく思っていたら、バイトも夜中でバンドの活動も夜で生活が乱れたから、バンドはやめさせたと姉(兄も)。経緯は良く分からない部分もあるけど、結論から言うと親が抑圧したような感じ???

私も高校生の時、バンドやってましたけど、大学生とは少し違うかな?部活の一環みたいな物だったし。


最近、時々だけど、友人と夜ライブに行く。そこで歌っていた子を知る。20代前半の可愛い女の子。シンガーソングライターとしてその時は歌っていたけど、どうやらバンド活動をしたいとか。




友人の関係でアラサーのバンドやら、20代のバンドのメンバーとも話すのだけど、インディーズの多くは、歌だけでは生活していけないから、何かと兼業してるし、ごく普通に(そうじゃない子もいるけど)日常をそれなりにしてる。

音楽のために、恋人と別れたり、音楽のために仕事を辞めたと言うのは少し言い訳に聞こえるのは、私がそういう年齢になったからなんだろうか?

何かに夢中になったからと言って、他の何かを捨てなければならないようなそういう状況でもないと思う。もちろん、大きな橋を渡るときに、必要な荷物そうじゃない荷物の仕分けは必要だと思うけど。



私自身も、今道を少し迷っている時期でもあって、答えは自分で出すしかない。

なので、彼女の考えを素直に認められないのかもしれないな。

私の考えと彼女は違う。

私の生き方は、当然彼女の生き方とは異なる。

違って当たり前なのだし。






表現の世界は、絵であっても、音楽であっても、文章だって・・・

共通の部分があって、それで生活していこうと思ったら、よほどの何かがないと難しい。
今の彼女では、そのよほどは、全く見えなくて。ごめんね。正直なところを言えば、ただ歌がうまいぐらいなら、沢山いる。作詞作曲出来る子もほどほどにいる。弾き語りも出来る人はいる。



出会いも大切だし、そこから生まれる何かももっと大切だと思う。







まだ、分かっていないのかな。私も、彼女も。
スポンサーサイト

theme : バンド活動♪
genre : 音楽

Secret

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。