06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯の動画

娘が、亡くなったインコの画像を携帯で残していました。

最初は悲しくて見ることも出来なかったのだけど、今は子供2人と懐かしんで見ることが出来るようになりました。

きっと時間というのが、少しずつ心をいやしてくれているようです。

亡くなった翌日、私は仕事で、仕事先に直行するには少し時間があったため、名古屋駅の地下からあるビルに向かう途中猫が散歩するようなデザインの通路があって(私は猫の小径と呼んでますが)、そこを少し散策してから、職場に向かいました。


朝の猫の小径はとても静かで、気持ちを冷静にしてくれました。
仕事の仲間で、とても仲良くしてくれるTさんには、インコが亡くなったことを話して、他のメンバーには話しませんでした。


この3連休も、仕事と家族とテニスの仲間とそれなりに慌ただしい日々で、遠くには出かけなかったけど、それなりに充実していました。

本当はもう少しキャンパスやトールの作品に向かうと良いのだけど、まだ心が方向性を見失っていて出来そうにありませんでした。インコの動画を見たら、少し元気になって前に進もうと思えるようになったので、亡くなったインコのためにも、家族のためにも、そして友人や自分のために前に進もうと思います。


それから、もう1つインコ以外のことで、私自身がこだわっていることがあったのだけど、それは、ちゃんと言葉で伝えようと思います。大好きな友人に、なかなか会えないのだけど、今は携帯という文明の利器があるから、メールの中で伝えられることは限られるけど、きっと伝えられると思う。
スポンサーサイト

theme : インコだぁーい好き
genre : ペット

Secret

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。