02
1
3
5
6
8
10
12
13
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商品開発

仕事を転職することになりました。

今年度末で、一緒に働いていたメンバーの多くが一斉解雇です。
このご時世全然珍しいことではないのですけど、私達の仕事はあまり一般のご時世とはちょっと違います。

解雇の理由も、表向きは穏和な書き方がされていましたが、解雇の理由があまりにも不誠実。

それに、幼稚な理由で、ネット上には言い表せない。




そんなわけで、私は前の仕事のことは、あまりこだわらず、次に進んでいこうと思ってます。



ただ、まだ雇ってもらう仕事に就くには、色んな準備が整っていません。

なので今は、自宅で全く違う、私自身の商品開発の仕事を試みてます。

それが吉と出るか凶と出るかは分かりませんが。
スポンサーサイト

theme : 自分を磨く
genre : 就職・お仕事

らしさと迷い

このことを、ブログに書くかどうかちょっと迷ってもいたけど。

少し心が穏やかになってきたので、自分に素直になって、ちょっとだけ。。。


中学生の頃、なりたいと思っていた職業とは違う仕事に就いた私。私自身の事情が一番なのだけど、家族の事情などもあったし、今は、ナースになって良かったと思っている。今は臨床にはいないけど、また臨床に戻っても良いし、間接的に医療に関わっても良いと思ってる。それが自分の「らしい」仕事だと思っている。



かれこれ10年前にトールに出会った。
絵を描くことは、あまり好きではなかったけど、限りなく塗り絵に近いトールペイントは、わかりやすかったし、楽しかった。そのうちだんだん欲が出て、上手になりたかったし、色んなジャンルのトールを描きたいと思った。



でも、トールのすべてのジャンルのを制覇するのは無理だと途中で気がつく。ジャンルの中には、好きではないモノもあるから、好きではないモノは結局気力が持たないモノ。


好きな作風のペインターさんのセミナーにも積極的に行った時期もあるので、それぞれのペインターさんの気持ちというか価値観も部分的に知った。




トールを始めた頃よりあこがれていたある先生に師事してた。
(今もしてるけど)


でも、やっぱ、この頃強く思うのは、自分の作品が描きたいってこと。


先生や、他の著名なペインターさんのデザインしたモノも確かに素敵だけど。
それは、結局私という個性満開の作品ではないから。


トールをする人の中にはオリジナルばかりの方もいます。

現に先生達は、オリジナルを商品として出しているわけだから。



私自身は、トールを仕事にする気はなくて(もちろん教えている生徒さんがいるから、部分的には仕事かもしれないけど)、本業はやっぱナースなんだよね。
絵を教える理由も、心の理由からだし。


まだ少し迷っていて、ゆっくりと結論を出していかなきゃいけないのだけど。




きっと答えは自ずから出てくると思ってる。


theme : ハンドメイド
genre : 趣味・実用

息子の同級生

息子の同級生P君と、そのママKさんと3人で語り合ってしまいました。

元々は、私がKさんに用事があったのでお宅訪問したのですが、「今日、サッカーあるの?」とP君が登場したところで3人の雑談が・・・

今、中学生は学年末テスト週間で


P君も我が息子君もちょっと成績が芳しくありません。と言っても、2人とも似たような位置にいますけどね。



それで、最近危機感を感じたP君は塾に通う決意をしたんです。


P君は高校でやりたいことがあって、その高校に入るためには勉強しないと駄目と言うことに気がついたというのです。

彼は、英語が苦手なので、「英語の点数を上げるためには、こうすると・・・」と私が話したら

目を丸くして「それ、塾の先生と全く同じことを言う」と感激していました。






一応、私も塾講師してましたから・・・英語担当ではないけど、大体の教科のポイントはわかります。
言うのは簡単、でもちょっとばかり記憶力は減退してます。




いずれにしても3人で(特に私とP君)盛り上がって、気がついたら夕食時になっていたので帰宅した私ですが、

息子君には同じ話をしても、無視されるか反抗されるんですよね。


「母親」であることは、冷静さを失うのかも入れないですね。


「同じことを何度も言われるとむかつく」



これは、P君も言ってました。



せっかく良い方法をアドバイスしているつもりなんですけど、聞き入れてもらえないのはちょっと残念です。

時間は限られているので、もう少し危機感感じて欲しいです、我が息子に。

theme : 中学生のママ
genre : 育児

まったりと祈る

今日は、隣の県で高校の特色化選抜の試験をやってます。

たぶん、私には良く分からないのだけど(住んでいる県が違うし、私達の頃にそんな受験方法なかったから)、定員の約50%をこの時期に公立高校が推薦入学みたいな形で合格させちゃうんだ。(←あってるよね?)


だから、ある程度評定があって、当然筆記試験や実技試験もあるのだけど、今日明日にターゲットを絞って勉強する子もいるんだ。もし、コレで合格が決まらないと、私立にするか公立のランクを下げるかあるいはちょっときびしいけど、一般でもう一度受験するか・・・なんだよね。



愛知県の場合は、地区が大きく3つに分けられていてさらにA群、B群に分けられてる。地区を変えることは出来ないのだけど、A群から1校、B群から1校受験できる。



推薦を受ける子は、その学校の公表している条件に当てはまらないといけないと思うのだけどね。


我が子も来年なんだよね。ちょっと気持ちが、余りよい状態でないときに、息子君のあまり宜しくない成績をみると、むかついている駄目な母親です。







今日は、仕事もオフだし、本当にまったりとPCに向かっていられるのだけど、すべきことをきちんとやってからにすべきなんだろうね。ついさっき、友人のブログ見て、ちょっとジ~~~~ンとしちゃったんだけど。



あまりにも今の私にはダイレクトなメッセージだったわ。







theme : 高校受験
genre : 学校・教育

受験シーズン

今のこの季節、受験まっただ中で、娘の仲良しのRちゃんは、中学受験でずっと学校を休んでます。

我が家は、娘も息子も受験生ではないので、今のところ危機感が無くまったりしてます。

私は、かつては仕事柄受験生を目の前に追い立てる役だったのですが、この頃は、裏方の仕事に徹してます。

私の仲の良い友人は、

高校受験に関する仕事をしていて、この季節はストレスがピークです。



そういう時は、メールの返事すら来ない。


「それどころではない」んだと思いますが、メールを送った身になると、毎年のこととはいえ、


ちゃんと届いたのかなぁ?などと思うわけです。

電話をするほどの急用でもないし、あまり深く考えないで一方通行の気持ちを「仕方ない」と思うことにしています。




自分が受験生の時は、周りのことはホント目に入らなくて、とにかく必死な気持ちではいましたが、高校受験は正直余裕扱いてました。それが後々、自分の首を絞めることになるんですけどね。


将来のことを、かなり甘く見ていたので、高校に入ってから、ぬるま湯に浸かったような状態になり、それがいけなかったと思います。もし、タイムマシンがあって、高校時代に戻れるなら、もっと真面目に勉強すれば良かったと痛感する私です。
自分の気持ちが、甘かったゆえに、親と闘う力もありませんでしたね。




人生を巻き戻ることは出来ないのだけど、そこまで戻ったら、今の私はいないから、それも不思議なモノだと思うのです。受験は、合否で出会いも人生も変えちゃうんだよね。

だから、友人が中学生を相手に教えている姿を、そっと応援していたいと思います。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

少し浮上

このところ、少しトラブル続きだったので、結構凹んでいました。おまけに車もぶつけてしまい、凹んでます。

人身でなくて良かったんですけどね。きっと、集中力に欠けているのだと思います。

先週、雨の中テニスをしたのが原因か、あるいは荷物を搬入してもらう際に薄着で対応していたからだと思うのですが、風邪をひいてしまいました。

咳が出て、喉が痛い、身体がけだるいし、なんだか疲れやすい感じです。
なので、テニスも行く気にならなくて、休んでます。



こどもの学校行事や室内の事柄は、なんとかこなしているんだけど・・・



とりあえず、今は底辺にいるようなので、少しずつ浮上していきたいと思います。

theme : メンタルヘルス
genre : 心と身体

真実は小説よりも奇なり

真実は小説より奇なり。 --マーク・トウェイン
"Truth is more of a stranger than fiction."


大学病院で働いているときも、それから職場を変わってからも、命に関わる所にいたからか、事柄が思わない方向に展開する場面をかなりみてきたような気がします。ソレは良い場合もあったり、悪い場合もありました。


世間でニュースになる事も、びっくりするくらい小説以上のことがありますよね。結婚詐欺だって、相撲界の色々だって、朝昼ワイドショーを賑わせ、夜にもニュースになってる。


人間は、好奇心が強いので、騒ぎ立てられると余計に気になるし、他の人よりも早く情報を知りたいと思うでしょうしね。でも、真実が報道から見えないこともあったり、戦略かと思うこともあります。


真実を見つける事って、そんなに簡単じゃないのかもしれませんね。人間は、人間の心は、それだけ複雑なんだって思います。



地元の新聞のコラムに、「人間に限りなく近い動物はチンパンジーで、大きな違いは、チンパンジーは今だけをみて生きている」と記載されていました。人間の場合は、過去も振り返るし、未来を予想する。だから、思い悩むのだとか。



真実を知る、自分を知る、そんなことも人間ならではなのでしょう。
チンパンジーの方が実は幸せなのかもしれないと、思うこともある私ですが、今は人間。

人間として思い悩むのは宿命なのだと思うことにします。

theme : 最近のニュース
genre : ニュース

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。