01
1
4
7
8
9
10
11
14
16
19
20
22
23
25
28
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れる理由

数週間前、娘が学校から帰宅すると一言

娘「Yちゃんね、中学校はみんなと同じじゃなくて●●市の中学に行くんだって。お父さんとお母さんが離婚するらしいよ。お父さんは、数ヶ月仕事してないんだって!」と。


私「小学校の間は、こちらにいて、Yちゃんが中学に入学するタイミングで引っ越すんだね?弟君もかな?
「たぶんね。でね、Nちゃんは、Yちゃんが引っ越ししてからもメールのやりとりするらしいよ。」
「じゃあ、△ちゃん(娘の名前)もメールしたいの?」

「私は、別にいいや。それに、Yちゃんから直接聞いた訳じゃないし。Nちゃんから聞いたんだけど『Yちゃん気にしてるから、その話題は避けた方が良いよ』だって言ってたし」


この数年、娘も息子も同級生の親が、再婚・離婚多いです。

きっと、親世代は、私達とさほど年齢差はないと思いますが、仕事してないだけが理由の離婚とは思えないのですが、離婚という結果に至るまでに、色んな事情が絡んだのだと思います。

そういえば、昨年末にあった同級生も「私ね、2年ぐらい前に離婚したんだけど、名字は子供のこともあるから、前の名字を使っている」と言ってちょっとややこやしい感じでした。

同級生とは、旧姓で呼び合う仲間だし、今の名字とか本ダンの名字とか面倒~そう思うと、結婚しても夫婦別姓の方が良いのかとも思っちゃいますね。





これまた、新年会でお稽古事の先生が新婚さん(一応2回目の結婚らしいけど)で、「どうしたら、夫婦円満にいきますか?」とその場に参加していた生徒に聞いたり、「パートナーに求める物は何?」などなど結婚に関する質問がの席で盛り上がりました。


その結果、夫婦円満の秘訣は50代のおばさま達の意見ではコミュニケーションを大切にすると言うことがポイント高く!パートナーに対しては「似た価値観」という意見が20代から50代まで幅広く支持しました。



参加者の中にはもちろんバツイチや独身や既婚者や色々だったのだけど、血の繋がった親子ですらもめる世の中、血の繋がらない夫婦がうまくいくのは、きっとそれぞれが何か一歩引くのも大事なのかなと思うこの頃です。



スポンサーサイト

theme : 離婚
genre : 結婚・家庭生活

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。