01
1
4
7
8
9
10
11
14
16
19
20
22
23
25
28
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間

少し前の地元の新聞に「よまわり先生」のコラム的な記事がありました。

この記事は、不定期にそして、結構コンスタントに掲載される記事です。月に1回ぐらいでしょうか?


その記事に時間というのは2つの物がある。1つは主観的時間で、もう1つは客観的時間である。
前者は、あくまでも個人が、その時間を早いと思うか遅いと思うかである。例で言うなら、誰か待っているときの時間は長く感じるし、楽しい時間は早く過ぎるというような物。後者は、時計が示す時間のこと。



だから夜回り先生は、こどもたちに、楽しい時間は早く過ぎるから、主観的時間で「今年も早かったと言える楽しい時間を過ごして欲しい」というメッセージだったと思う。



私は、自分自身がいつも忙しくて、アクティブなので時間は本当に早く過ぎてしまう。
2010年ももう2週間が過ぎてしまった。だけど、目標をいくつか立てて、そこに向かって進もうと思っている。
新しく始めた陶芸は、学生の頃や就職したばかりの体験の頃とは違った物で新鮮で面白いし、絵画も今年で3年目になるので今度こそは入賞したい。



まだまだ他の趣味でも、思うことは山のようにある。


たまに残念なこともある。だけど、そんなことは吹き飛ばせるようにしていたいと思ってる。



好きなことをただしてるだけなんだ。
スポンサーサイト

theme : モノの見方、考え方。
genre : 心と身体

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。