01
1
4
7
8
9
10
11
14
16
19
20
22
23
25
28
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

針と糸

今月も後1日です。

もう1年のうちの1/12が過ぎたんですね。早いです。

今年になってから・・・と言うか去年の暮れ辺りから、私は筆よりも針と糸や、編み棒を持つことが多かったです。

トールの筆に関しては、今月教室があった日1日だけしか握ってません
油絵は、月に3回ですね。でも、コレも教室の時だけ。


実家の母に依頼されてリクエストされた鞄を作るために夢中でしたから、その理由もあって、針と糸、それからミシンという連続でした。母に依頼された物はとりあえず小休止で、今は自分用に制作しています。


トールペイントのことが大好きだったのに、今はそのモチベーションがかなり
の状態になっています。


今は、私自身が心の整理がついていないために、ネット上では記載できないのですが、あることがきっかけで、第1段階モチベーションダウン、そして、それを解決しようと思ったところでさらに突き落とされた感じになり、その時は、今まで買いだめていたトールペイント系の本をすべて捨ててしまおうかと思うくらいの気持ちでした。


さすがに、ちょっとだけ本を片付けている間にその気持ちは治まって、DMは一通り捨てる決意をしました
今までいつか役に立つかもと、DM雑誌まで持っていたのですから、私のトールに対する熱は相当だったのでしょう。

最初は、友人の家で、他の共通の友人がやっていてそれが面白そうだったので始めて、子供が喜ぶだろうと色んな絵をまねして描くようになり、それがいつの間にか、自分のために描くようになっていました。


技術も向上したかったし、色んなジャンルのトールの技法も学びたかったのでセミナーにもよく行きました。


あるセミナーをきっかけに、「好きな絵を描き続けていけたら良い」という気持ちが強くなり、描きたい絵という物に焦点を合わせるようになって、絵画教室に通うことになりました。



トールと絵画教室には共通する物が沢山あると信じていました。








ただ、この1年ぐらいでそれぞれの歴史の違いや考え方の違いを強く認識するようになり、揺らいでいたのも事実。





まだ、私の中にはっきりとした答えが出ていないままで、時期が時期だけに、私の大親友は受験生を抱えて大変みたいなので受験が一段落したら、ゆっくり語り合う約束をしています。私が一方的にそう思ってるだけかもしれないけど。
大親友に話したからといって、私の答えや行動に大きな変化は無いと思うのだけど、友人は友人なりに長く絵と関わってきた人なので、私の気持ちを受け止めてくれるような気がします。



トールペイントで描く世界がどういう物なのか10年目になろうとしている今、彷徨っている私がいます。

だから、それと面と向かえなくて、針と糸を持ち、逃げている気持ち半分と別の作品を制作することで気分転換半分と、それから冷静になるように言ってる私がいます。
スポンサーサイト

theme : パッチワーク
genre : 趣味・実用

母親

この間、娘の小学校にとある芸能人のお母様が講演にいらっしゃいました。

噂で、その方が全国を講演しているのは知ってましたが、まさかこの名古屋圏内とはいえ、こんな田舎の小学校に来るなんてびっくり!


その講演は、題目と授業内容から日野原先生の名前が出ていて(私がナース学生の頃、教科書編集とかなさっていたドクター)、まさかその御本人が来るとは思っていなかった私は、別の用事を優先させて、講演には行かなかったのです。


帰宅した娘に「今日ね、5年生の親子対象の講演に●●(国民的アイドルグループの1人)のお母さんが来たんだよ」と聞かされました。



半分、行けばよかったと言う気持ちもありましたが、半分、いったところで多分今の私の迷いの解決にはならないとも思いました(なぐさめもあるけど)。





後から、5年生の母親である友人IやTが講演にいったのを知って聞くと「綺麗な人だったよ」とか「芯がしっかりしていて凜とした感じの人だった」と



●●さんは、芸能界で大活躍されていて、私としては同世代なので、好き嫌いは別の物として、その人を生み育てた母親なのだから、やはり影響力のある人なんだろうなと感じます。


今は●●の母というような、肩書きがついてしまったのだけど、きっと、私が思うには彼女は●●の母でなくても、そういう講演を行うタイプの方なんだろうと思います。


残念ながら、私は彼女の講演を今回聴くチャンスはなかったのだけど、もし、今度そういう機会があれば、勉強させてもらいたいなと思うのです。

theme : 日々のつぶやき
genre : 育児

別れる理由

数週間前、娘が学校から帰宅すると一言

娘「Yちゃんね、中学校はみんなと同じじゃなくて●●市の中学に行くんだって。お父さんとお母さんが離婚するらしいよ。お父さんは、数ヶ月仕事してないんだって!」と。


私「小学校の間は、こちらにいて、Yちゃんが中学に入学するタイミングで引っ越すんだね?弟君もかな?
「たぶんね。でね、Nちゃんは、Yちゃんが引っ越ししてからもメールのやりとりするらしいよ。」
「じゃあ、△ちゃん(娘の名前)もメールしたいの?」

「私は、別にいいや。それに、Yちゃんから直接聞いた訳じゃないし。Nちゃんから聞いたんだけど『Yちゃん気にしてるから、その話題は避けた方が良いよ』だって言ってたし」


この数年、娘も息子も同級生の親が、再婚・離婚多いです。

きっと、親世代は、私達とさほど年齢差はないと思いますが、仕事してないだけが理由の離婚とは思えないのですが、離婚という結果に至るまでに、色んな事情が絡んだのだと思います。

そういえば、昨年末にあった同級生も「私ね、2年ぐらい前に離婚したんだけど、名字は子供のこともあるから、前の名字を使っている」と言ってちょっとややこやしい感じでした。

同級生とは、旧姓で呼び合う仲間だし、今の名字とか本ダンの名字とか面倒~そう思うと、結婚しても夫婦別姓の方が良いのかとも思っちゃいますね。





これまた、新年会でお稽古事の先生が新婚さん(一応2回目の結婚らしいけど)で、「どうしたら、夫婦円満にいきますか?」とその場に参加していた生徒に聞いたり、「パートナーに求める物は何?」などなど結婚に関する質問がの席で盛り上がりました。


その結果、夫婦円満の秘訣は50代のおばさま達の意見ではコミュニケーションを大切にすると言うことがポイント高く!パートナーに対しては「似た価値観」という意見が20代から50代まで幅広く支持しました。



参加者の中にはもちろんバツイチや独身や既婚者や色々だったのだけど、血の繋がった親子ですらもめる世の中、血の繋がらない夫婦がうまくいくのは、きっとそれぞれが何か一歩引くのも大事なのかなと思うこの頃です。



theme : 離婚
genre : 結婚・家庭生活

わかっているのかいないのか?

甥が、大学に入ってからバンドを始めたというのでほほえましく思っていたら、バイトも夜中でバンドの活動も夜で生活が乱れたから、バンドはやめさせたと姉(兄も)。経緯は良く分からない部分もあるけど、結論から言うと親が抑圧したような感じ???

私も高校生の時、バンドやってましたけど、大学生とは少し違うかな?部活の一環みたいな物だったし。


最近、時々だけど、友人と夜ライブに行く。そこで歌っていた子を知る。20代前半の可愛い女の子。シンガーソングライターとしてその時は歌っていたけど、どうやらバンド活動をしたいとか。




友人の関係でアラサーのバンドやら、20代のバンドのメンバーとも話すのだけど、インディーズの多くは、歌だけでは生活していけないから、何かと兼業してるし、ごく普通に(そうじゃない子もいるけど)日常をそれなりにしてる。

音楽のために、恋人と別れたり、音楽のために仕事を辞めたと言うのは少し言い訳に聞こえるのは、私がそういう年齢になったからなんだろうか?

何かに夢中になったからと言って、他の何かを捨てなければならないようなそういう状況でもないと思う。もちろん、大きな橋を渡るときに、必要な荷物そうじゃない荷物の仕分けは必要だと思うけど。



私自身も、今道を少し迷っている時期でもあって、答えは自分で出すしかない。

なので、彼女の考えを素直に認められないのかもしれないな。

私の考えと彼女は違う。

私の生き方は、当然彼女の生き方とは異なる。

違って当たり前なのだし。






表現の世界は、絵であっても、音楽であっても、文章だって・・・

共通の部分があって、それで生活していこうと思ったら、よほどの何かがないと難しい。
今の彼女では、そのよほどは、全く見えなくて。ごめんね。正直なところを言えば、ただ歌がうまいぐらいなら、沢山いる。作詞作曲出来る子もほどほどにいる。弾き語りも出来る人はいる。



出会いも大切だし、そこから生まれる何かももっと大切だと思う。







まだ、分かっていないのかな。私も、彼女も。

theme : バンド活動♪
genre : 音楽

インフォームドコンセプト

この言葉、当たり前のように浸透している。「説明と同意」


私が学生だったときは、まだパターナリズム(父権主義)が主流で、私は看護研究の題材に「インフォームドコンセプト」に類似した物を選んだ。


学校の図書館にも、その手の本が1冊しかなかった(図書館が小さかったこともあるし、当時はそれがあまり訴えられる時代ではなかったから)。







医療用語ではあるけど、私は最近有る場所で、説明が足りなかった事への憤りを感じることがあった。





病院でも学校でも、先生と呼ばれる立場の人には、ある程度の責任があって(責任の程度はまた違うだろうけど)それを患者さんや生徒にきちんと説明すべきなんだと思う。


結論から言えば、私はきちんとした説明をされていなかった。

最初に説明されていれば、私の中にわだかまりはなかったのだけど、事が進み出してから、「じゃあ、それは出来ません」みたいなことになり、後戻りをするにはさすがに、私自身が嫌だったので、自分の意思を通すことにした。




自分の意思を通すという意味では、もちろん納得しているけど、最初の説明と異なる事態が発生したのも事実。





そういう意味で、私の目標を変更せざるを得なくなった。

マイナス思考炸裂の部分もあるのだけど、大丈夫。はい上がってくる!!!



自分を追求したときに、「こだわり」の部分が必要なんだと思う。

theme : ひとりごと
genre : 心と身体

びっくりしたこと!

最近、自分のブログが文字ばかりだぁ~と思って少し戻ってみたところ、8月6日まで画像がない!!!

びっくりした。しかも画像は、可愛がっていたインコ。もうこの世にいない。

今年になってから、少し落ち着いたらまたペットを飼おうとは思っていたけど、慌ただしい毎日。

ペットは春までお預け。


トールペイントの作品も完成する気持ちが低迷してるしなぁ~

今、私が豆にやってることは、コレ

アレンジバック1

裏側はこんな感じ

アレンジバック1p

手作りバックにはまってます。


型紙は牛乳パックで作って、布を色々変えるとまた雰囲気の違った物が出来ます。


たまには文章だけじゃなくて、画像も良いよね。

theme : 独り言
genre : ブログ

龍馬伝

福山雅治が、主役なのだから、見ないわけにはいかないでしょ?

でも日曜日の8時。

私がテレビを独占するわけにもいかなくて録画・・・



それが3週続いて、録画を見ていなかった。




今日、ようやく第1回を見て・・・



やっぱ、福山雅治格好良い~



いつのまにか40歳になってるんだよね?福山って!!!


ダーリンが「福山もそんな年になったのか???」って。


結婚していない人は若く見えるよね。それに、仕事にも活気があって、アーティストでもあるしね。




今は、私もちょっとだけアートをかじってる。

自称アーティストだったりして。

年齢を感じさせなく、年を取っていきたいね。福山みたいに。


まだ見なきゃいけないDVDあるんだけどね。

theme : NHK
genre : テレビ・ラジオ

時間

少し前の地元の新聞に「よまわり先生」のコラム的な記事がありました。

この記事は、不定期にそして、結構コンスタントに掲載される記事です。月に1回ぐらいでしょうか?


その記事に時間というのは2つの物がある。1つは主観的時間で、もう1つは客観的時間である。
前者は、あくまでも個人が、その時間を早いと思うか遅いと思うかである。例で言うなら、誰か待っているときの時間は長く感じるし、楽しい時間は早く過ぎるというような物。後者は、時計が示す時間のこと。



だから夜回り先生は、こどもたちに、楽しい時間は早く過ぎるから、主観的時間で「今年も早かったと言える楽しい時間を過ごして欲しい」というメッセージだったと思う。



私は、自分自身がいつも忙しくて、アクティブなので時間は本当に早く過ぎてしまう。
2010年ももう2週間が過ぎてしまった。だけど、目標をいくつか立てて、そこに向かって進もうと思っている。
新しく始めた陶芸は、学生の頃や就職したばかりの体験の頃とは違った物で新鮮で面白いし、絵画も今年で3年目になるので今度こそは入賞したい。



まだまだ他の趣味でも、思うことは山のようにある。


たまに残念なこともある。だけど、そんなことは吹き飛ばせるようにしていたいと思ってる。



好きなことをただしてるだけなんだ。

theme : モノの見方、考え方。
genre : 心と身体

教授

私がナース学生だった頃と言うより、高校を卒業してしばらくして・・

私は当時つきあっていた人と別れた。

とてもいい人で、高校の同級生だったのだけど、一緒にいてもつまらなく思えて、それよりも医学部の先輩の方が素敵に見えた。

医学部の先輩は、当時Gちゃんと呼ばれていて、私達もGちゃん先輩と呼んでいた。結構モテルタイプでオン値には不自由しない人だったと思う。私も後輩として可愛がってくれた。

もちろん先輩には彼女がいて、私の一方的片思いで終了するのだけど。




先輩がその後、何処の誰かと結婚したのはは知らないが、私が先に今のダーリンと結婚して、同じ部活同志で別の先輩と私の大親友が結婚することになって、その席で同席したのが最後の再会かな。


数年前にあるTVの取材でG医師がインタビューを受けていて、それからしばらくして准教授になったのは知っていたが、最近この大親友から「Gちゃん先輩、すごいよ。今教授なんだって」と聞かされた。


年齢は正直なところ、1歳しか変わらなくて、革新的に超スピードで教授になったんだと思う。
論文も多く書いて発表しているようだから、認められたんだと思う。



大学のHPをみてみると、当時一緒に働いた懐かしい名前もいくつかある。多くが講師である。私が下っ端ナースだったとき講師で今も講師の方もいる。まちまちである。
肩書きなんてと思うこともある。
教授になったからと言って、人間的に立派かどうかは分からないし、学生の時からかれこれ20年近く経過しているので変わったところもあると思う。


同じ県内にいても、仕事上今は会うこともないだろうけど、、活躍している噂を聞くとなんだか嬉しい。
どうか、いつまでも健康で、いつか再会出来ますように。

theme : ヘルス&ビューティ
genre : ヘルス・ダイエット

人体の不思議展

3連休で終わってしまったのですが、家族で行ってきました。

私はどちらでも良かったのだけど、ダーリンが行きたいというのでこどもたちを連れて、家族中で。

私は、当然学生の時に解剖学でさんざん勉強したり生で見たりしてきたので、今回の展示や模型は「う~ん」って感じでもありました。

ただ一般向けに、ちょっとアート風になっているので、大人の感じ方は受け入れとして良いのかも。
こどもたちは慣れていないこともあって、衝撃的で、わが子達だけでなく、見に来ている他のこどもたちも同様の台詞を吐いてました。


息子は、診た後は「僕は20歳未満だからタバコは今吸えないけど、20歳過ぎても吸わないと思う」と言ってました。
真っ黒になった肺を見たからでしょうか?







大学病院に勤務していたので、献体される患者さんも多くみてきました。それは本人の意向だったり、家族の意向だったりまちまちですが、私自身は、臓器移植には同意しても献体はしないかな。


もちろん医学部の学生達が、解剖学で勉強するのに必要で、看護科の私達も一緒に勉強したので、必要性は十分分かってるのですけどね。



theme : 健康生活:病気・治療法
genre : ヘルス・ダイエット

限界?

数年前に、地域の市民病院のナースに復活した友人が、年賀状の中に

「病棟を異動しました。今は、肉体的には限界で、精神的にも体力的にも限界を超えているように思います。これから先を考えると・・・・」

と書いてありました。

前の病棟に比べると、きっと異動先の病棟の方が激務なんだと推測できます。


私もかつては、病棟ナースだったので、当時を振り返ると、あのように動いていたら、10kg以上痩せられる気がします。お昼ご飯をまともに取っていられないくらいなんだかハードでした。患者さんは重症、軽症まちまちでしたが、その中でも検査や日常生活の世話も当然あるわけで、それでも20代前半は動けていました。動かざるを得ない状況に合ったという方が確かでした。


今、私はナースであって、ナースではない。

現場にいないので。。。ちょっと寂しい気もします。


北海道で週に1日1時間でも良いと言う触れ込みで、ナースを募集した病院があったみたいですが、どうなんでしょう?


私自身は、週1で8時間の仕事なら喜んでします(苦笑)。

友人の多くは、常勤のナースをしているか、パートで週3~5日で4~8時間ぐらい働いています(専業主婦もいますけど)。


現場を離れて教育の世界に、足を突っ込んだら、それも面白いと思い、ちょっと中途半端な状態にいるのも確か。




年賀状をくれた友人とはまた違って意味で、これから先どうなるのか?です。

theme : 働く女性
genre : 就職・お仕事

マイノリティ

私のこのブログは、かなりマイナーで、それ故に私もちょっと気楽な部分があります。


ただ、一部のブロ友以外は本当にネット世界の知らない方々なので、それが一長一短でもありますね。


思えば、こちらのブログ、お引っ越し前も含めれば4年以上経過しているんですけど、アクセス少な!!!

別に人気あるブログを目指してるわけでもないので、ランキング紹介もしていないし、数字が増えようが減ろうがどちらでも、私には良いことなんだと思います。

この4年の間に、こどもたちもちょっと成長して、今日は娘の中学の制服の採寸をしてきました。
小柄なので、合う制服があるのかな?と思ったのですが、着てみればそれなりに。
私もあのセーラー服を着ていた時代があったなぁ~なんて思いました。


私自身は、去年「進」む年にしたいと計画し、確かに進むことは出来たと思ってます。
絵画のことも、それ以外のことも自分なりに進化しました。

一部不必要な物を切り捨てなければならないこともありましたが、それはそれで、私には必要な決断だったと思ってます。

出会いも当然別れもありましたが、別れは出会いとはペアのようになっているわけで、致し方ありません。出会った者(物)とはいつか別れはやってきます。




今年は、自分の中でまだ未知の部分を開発していかなくてはならないところもあるのだけど、その術は研究段階です。
「艶」のある1年にするんだと、ダーリンには言いました。そして少しは「究」めたいものです。


大好きな友人達に、ちゃんと認めてもらえる仕事をしようと決意しています。

有言実行になりますように

theme : 雑記
genre : ブログ

年賀状

今年の年賀状、昨年末に私が

私「自分の分は、自分で描くから」と言ったために、ダーリンは自分の分だけで印刷。
一応予備で10枚ほど印刷してありました。


私は、マジ手書きで数枚デザインして、だんだん時間との戦いもあって、乾いた物をカラーコピーして、友人知人用にしたんだけど、枚数が足りなくて結局ダーリンの予備も使い切るほどに。



今年、いつもより多めに年賀状を買ったはずなのにジャストってどういう事


犯人は、娘。。。お友達らと交換する約束を複数してきて、しかも、私の友人の娘さん(娘と同じ年)にも出して、要はそこのお宅には、私からも出しているので2枚ずつ交換


そりゃ、足りなくなるわけだ。



で、元旦、2日に届いた年賀状の中には出していない人もいて、郵便局に買いに行きました。


今年は、郵便局が元旦から営業していて、年賀状もバラエティに窓口で売っていて助かりました。
例年だと、足りなくなって普通葉書に「年賀」って書いて出してましたから。



それにしても、ダーリンが問題児で、いつも複数枚、住所不明で戻ってくるのです。



なんか無駄なコトしてない?

住所録ちゃんと訂正してるのかな?


言い方を荒くすると喧嘩になるので、さりげなくさりげなく・・・言ってみました。


ダーリン「おかしいなぁ」



もうちょっとしたら、訂正しましょうね。そういって、きっと2人揃ってまた忘れないようにしなきゃ。

theme : ウチの家族
genre : 結婚・家庭生活

初詣

家族で初詣に行きました。
毎年参拝するK神社です。

旧暦の正月には裸祭りもあります。

ダーリンと結婚した当初、K神社は歩いて行けるくらいの所にあって、何か催し事があると車が通行止めになります。なので、お正月の3日間は、かつて住んでいたコーポ辺りは車の進入禁止区域でした。下の子供が2ヶ月の時に引っ越したので、子供達はもう記憶がないらしいです。


昨日は、混んでいなければ大須観音に参るはずでしたが、超混んでいて、人混みをスルーしました。
大須観音には情緒あふれる下町というか、東京で言うなら秋葉原のようなそんな空気があります。電気系やアニメ系のショップも多いし、古着屋も多いんですよ。

ナース学生時代の友人と年に1度か2度集まるこの会合は本当に面白いです。
みんな良いお母さんになってます。昨日集まったメンバーは5人で、1人は医師の妻、1人は研究者の妻、3人は会社員の妻です。(2人はT社系列です)

5人のうち3人は、学生時代からつきあっていた人と結婚したので、旦那さんのこともそれなりに知っていて、昔の恋バナに花が咲いたりしました。

子供達がそれぞれ成長して、少し手が離れたら、同窓会を兼ねた旅行でもしたいねぇ~とそんな話をして楽しく過ごしました。


今年がどんな年になるかなんて、全然想像もつかないけど、仕事はこのままとりあえず更新するつもりでいるし、テニスも絵画も陶芸もより真剣に取り組んで行こうと思ってます。


theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

Happy New Year!!!

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


ダーリンとは結婚して10年以上になりますが、年末年始をまともに一緒に過ごしたのは半分もないです。
と言うのは、私は病棟のナースでしたし、ダーリンもエンジニアなので、年末年始に作業があることも多くて。

でも、私は今は病棟ナースじゃないし、ダーリンも年末年始の仕事が毎年というわけでもなくなって、今年は一緒に過ごすことが出来そうです。

昨夜は雪が降らなければ、除夜の鐘を鳴らしに行くはずだったのですが、私が暮らすこの地区、突然の寒波で大雪です。

なので、除夜の鐘もなく、年越し蕎麦を家族で食べました。



例年、ダーリンの実家に行き、義姉家族と共に食事をするのが常ですが、例年車で行くダーリン実家に今年は電車で向かいました。たまには良いモノですがやっぱ雪で寒かったです。


そういえば、年賀状はそれなりに出して、それなりに届いているのですが、一部お年賀メールもしました。



そのなかで、ある友人が、別の人宛のメールを私に送ってきたのです。

メールの中に、別人を呼びかけるフレーズがあって「これ明らかに違うよな?」って思ったのです。


かつて、私もメールの相手を間違えたことがあります。

大親友のことを、別の友人にメールしてしまったのですが、なんだかちょっと気まずい風が流れて、とても謝った記憶があります。メールは、電話よりも怖いと思ったんです。

ちょっとした操作ミスが。。。心を傷つけることもあるって。


今日の友人のメールは、そんな傷つくモノではなかったけど。一応「●●って誰?」って返事しておきました。



●●さんは、私は未だあったことがない人ですが、その友人を介していつか会うことがあるかもしれません。

去年もその友人関連で多くの知人に会いましたし。。。

人が人を呼ぶって本当だなって思うのです。




今年がどんな年になるのか分からないけど、良いことがたくさんあると良いですね。

theme : ごあいさつ
genre : 結婚・家庭生活

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。