11
1
3
5
6
7
8
9
10
11
14
15
16
18
20
22
23
28
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールという名のコミュニケーション

携帯電話でメールをするのは、もう日常のことで。

私にとっては小さな手紙の時もあれば、用件を伝えるだけの時もあるし、挨拶だけの時もある。

返事もしたりしなかったり・・・てか、大体は返事をするんだけど、また相手から返事が来たりすると、うまく終わらない時があるので、いい加減にこの辺りでって思う時は、返事をしない。


色んな友人がいて、メールにとってもロマンチックな人もいれば、理屈ぽい人もいる。
全然ハートが届かない人もいる。


もちろん受け止める側の方の感情にもかなり左右されるから。


例えば、大好きで会いたい人にメールをする。

返事が来ないと、メールが届いていないかもと思ってみたり、忙しいのかと思う。
勝手の良い理由で自分を傷つけないようにする。

返事が来ても素っ気ないと、その気がないんだと感じつつも返事が来るだけマシかと慰めてみる。

真実は良く分からなくて、ただ面倒って言うだけのこともあるし、文章が下手な人もいる。


メールによるコミュニケーションは、不完全。

この間、夜回り先生が、こちらの地元にある新聞にこんな事を掲載していた。

「手紙を書こう。どんなに文字が下手でも良い。気持ちは伝わるから」
スポンサーサイト

theme : モノの見方、考え方。
genre : 心と身体

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。