11
1
3
5
6
7
8
9
10
11
14
15
16
18
20
22
23
28
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人の誕生日

今日は、高校時代からの友人の誕生日です。

彼女と出会ったのは高校1年生の時です。

かれこれ、20年ぐらいの年数が過ぎましたが、彼女と会うといつでも、当時に戻れます。


私にとってかけがえのない友人の1人ですが、卒業してからはお互いのライフスタイルが異なるのでなかなか会えません。


友人も、私も地元に残っているので、拠点が変わらないことは会いやすい方なのかもしれないけどね。


夏に数名のメンバーで集まった時に、関東から帰省している友人が「年に1,2度でも会えるなら良いじゃない?」と羨ましがってました。




自宅にお届け物をして、留守番のお母様に渡したのだけど、ちゃんと渡ってるかなぁ~???と思っていたところ、先ほど電話がありました。



やっぱ「持つべき物は、友です」



また近い日に会いましょうね。
スポンサーサイト

theme : 日々のできごと
genre : ライフ

心に良いこと

私の契約バイトは12月で一応期間が切れます。数ヶ月お休みで、その間に契約を更新するかどうか決めるのですが。。。

来期どうするか、同じバイト仲間と一緒に考え中です。


同じバイト仲間の中で、腹の探り合いなんかもあって、少し嫌な感じが漂う時もあります。


要は、バイトメンバーの中には、必ずしも自分と相性が合う人ばかりではないと言う事なのです。
仕事というのはそういう物かもしれませんね。

気の合う友人も、仕事を続けるかどうか迷ってます。


彼女はよく「心に良いことを続けていたら、幸せな気分になるけど。この仕事、一部どうしても、心にマイナスダメージを与える」



マイナスダメージの原因は、私もよく知ってることなので、それをどう回避するか、あるいは無視するか、解決策をそれぞれが考えなくてはならないところです。

私にとっても、それはマイナスのことだけど、私の場合は極力関与を避けるようにしてます。


私にとっては、仕事外のところで気分転換をすることが、結構心によいことなので、今のところ両立できているのかもしれません。

theme : アルバイト
genre : 就職・お仕事

個性を表現する世界

自分は、この頃「表現」にこだわっている。

学生の頃にはこだわらなかったこと。

表現の中に自分らしさが見えなければ、駄目だと思う。


たとえば、音楽、、絵、手芸系、文章・・・工芸などなど、色んな表現がある。



たぶん、ブログも、私自身の風貌も服装も表現なのだと思う。




娘がピアノを習っている。来年、コンクールの予選があるのだけど、彼女のレベルではまだまだ未熟。デモだからと言って、私が同じ曲を表現できるかと聞かれると、もうその能力が自分にはない。


私は子供のころ、あまり興味を持たなかった美術の世界に今魅力を感じているし、作りたい物はそちらにあると思う。引力がそちらに強いのだろう。






色んな意味で私自身も未熟で、

多くの人に学ぶことが多いと思う。

学ぶ相手は、必ずしも年上ばかりではないし、同級生のこともあれば、年下の友人達のことだってある。

年上の方の中でも、たまに永遠にクエスチョンマークの人だっているから。



出会う人のすべての人が、自分とは違う個性があって、認めたり認められたりだと思ってる。

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

うすうす気づく?

実は昨日の記事。。。途中でした。

編集することも可能だったのだけど、途中なのもそれはそれで良いかなと。


なぜ途中になったかというと、ダーリンがやってきたからです。
基本、ブログ更新は一人のんびりとやってるのだけど、昨夜はお風呂上がりのダーリンが。

私がブログをやっていることは、公言してないのだけど、たぶん、うすうす知っていることでしょう。
ま、何でも良いんですけど。



ところで、昨日の続きですが、祖母や母とはちょっと離れた塗る趣味、最初は手芸の一環でもアートの一環でも捉えられるトールペイント。。。かれこれ9年になりますね。でも、ちょっと熱が冷めてきてるのが現状です。

油絵やアクリル画の、美術に近い分野に足を踏み入れたことが良くも悪くも私のトール熱を冷めさせたことに影響があると言っても過言ではない。ミイラがミイラ取りになったような心境もあります。
私の場合、往々にしてそういうことは多いので、答えは急がないでのんびりと両方をやっていきたいなと思っています。ときどき編み物や縫い物もしながら。


そして、今私は、新しい分野にも少し興味を持ち始めています。


決して得意分野ではなく、これもたぶん工芸というか美術系になるのでしょうね。

子供のころ、決して好きではなかった分野に(絵もそうなんですけど)敢えてやってみたくなるこの心境って不思議です。


きっと人との出会いが、私を変えていっているのかもしれませんね。
ただ、お稽古事に資金はつきものなので、そして母親としての私の役割と両立できるかも大きな課題であるので、その辺りを吟味して、前に進んでいきたいと思います。

theme : ひとりごと
genre : ライフ

新しいことを始める

いつからか・・・手作りというモノには、とても興味と意欲を持っていて、たぶん、それは小学校の低学年の時以前。

昔、祖父母と同居していた影響がすごくあるんだと思う。
特に祖母は手作りの人だったから。


ただ、祖母は縫い物系が多くて、母親は編み物

そして、私は両方ともほどほどにやったけど、今は塗ることにはまっている。


theme : ハンドメイド
genre : 趣味・実用

トールペイントへの気持ち

かれこれ、ブログを始めて4年が経過しています。

始めたきっかけは、実父が亡くなったことだったかもしれません。心がちょっと寂しくて、誰かに何かを語りたくなった。語りたい何かは色々で、その1つがトールペイントでした。

当時、他のペインターさん達もブログで作品を紹介したりしていたので、ブログを通じて他の地方で暮らすペインターさん達とも交流もありましたが。。。だんだんブログが負担になってやめちゃう方もちらほら。。。

私は気がついたら、細々とブログは続けているモノの、トールへの情熱がやや薄れて来ていました。

教室には定期的に通って、他の仲間達には置いて行かれないようになんとかしがみついているんだけど・・・モチベーションが変化したのは確か。




世の中のトールペイントブームが低下したのも事実だし、私自身は、トール以外の所に少し興味を持ったり。。。トールの延長のつもりで始めた絵画が非日常から、やや日常に近づいたことに原因があると思います。



このことは、ときどき、迷った時に絵の先生に話すこともあるのだけど、


「mizukiさんが、トールをやめてしまうと、過去の自分を否定してしまうような気持ちになるでしょ?」と
私の気持ちを察してくれてます。

なので、今の私は両方をその時の心の状態に合わせてやっている現状。


本当にどちらも嫌というか・・・描く気持ちにならない時もあってそういう時は縫い物や編み物をしてます。


何かを創作する意味では同じだから。




決してトールを嫌いになったわけではないのに、離れたい気持ちがあるのは、なんだか彼氏と長くつきあってきて、倦怠期みたいなモノかもしれませんね。

theme : モノの見方、考え方。
genre : 心と身体

ホットケーキミックスでお菓子作り

この頃、色々お菓子作りをしているのだけど、ときどき手間暇を省きたい時があって。
そういう時に利用するのが、ホットケーキミックスの粉。

これは超便利。

例えばパウンドケーキ。

材料
ホットケーキミックスの粉・・・150g
バター・・・60g
砂糖・・・80g
卵・・・2個
牛乳・・・大さじ」3

作り方
1,バター、砂糖をクリーム状になるまで練り、卵、牛乳を少しずつ加え混ぜ合わせます。
2,1にホットケーキミックスを加えて生地を作ります。
3,パウンド型の内側に油を塗り、生地を8分目くらいまで流し入れ、180度のオープンで30~40分焼きます。

以上~

他には
クッキーだけど
材料
ホットケーキミックスの粉・・・200g
溶かしバター・・・60g
砂糖・・・30~40g
卵黄・・・1個分
牛乳・・・大さじ2


作り方
1,ボールに卵黄と砂糖を入れてよくすり混ぜます。
2,1,にホットケーキミックス、牛乳、溶かしバターを加えてよく混ぜ、生地を作り、冷蔵庫で30分以上寝かせる。
3,形を作って、180度のオーブンで10~13分焼きます。
(丸めて潰した形が作りやすいかも)


他にもタルトの生地にしたり、便利モノです。





theme : ☆パン・お菓子作り☆
genre : 結婚・家庭生活

会いたい人

毎日が何となく平凡に過ぎていく日もあれば、忙しくて目が回る日もある。

作品展に出展していた作品を、搬出して。。。心は、来年のための題材を考えることと、トールの作品に気持ちを向けることだ。

でも、こども達のことも、仕事のことも並行して考えなくてはならない。


何とかなるとは思うけどね。

それから、来年度末に計画されている同窓会関連もちょっとだけ・・・


同窓会の幹事は今海外だけど、帰国のメドがあるのだろうか?詳細はわからない。

私自身すら、この幹事に数年会っていない。海外に行ってから会ってないんだ。

近所に住んでいる友人達にはいつでも会えるんだろうけど、お互いの生活が重視されるから、何かイベントがないと会えないし。

そして、関東にどうしても会いたい同・級・生がいる。

去年ぐらいから、たまにメールしていて、生活スタイルを考えると、私がそちらに向かう方が良いんだろうと思う。ただ、友人に会うだけの目的だけでに乗るのはもったいないので、何か他の理由と抱き合わせたいものだ

高校卒業してからなかなか会えなくなっちゃったね。私は名古屋に残ったけど、関東方面の大学に進学してしまったから。
それに私は理系だったし、友人は文系だったからね。


なんとか、具体的計画になるように決心したいなぁ

theme : 生き方
genre : ライフ

こども未来財団

今朝、ある番組で国会議員の天下りの団体の1つとしてやり玉に挙げられていました。

確かに、今子育て支援などは政治の良いイメージだと思うので、こども未来と言う言葉自体も綺麗なイメージ。

それにしても、財団に使われる費用とか、人材など、天下りって本当にずるいですよね。

それに、この財団・・・聞いたことがあるなぁ~なんて思ったら、私、この財団が主催する県の研修会参加していました。


数ヶ月前、あるサークル(児童館関係)の内数名が、この研修会に強制参加するように言われていたのです。研修会は、午前午後とこどもの育成に関する議題で講義と実演があったのですが、きっとこれも、そういう費用というか、こういう活動をしないと、財団という名前だけで活動していないことになってしまうから、記録上必要なことなんだろうな~って。


入らないパンフなどもいっぱいもらいましたけど、これらも紙代やら印刷費などなど無駄なお金を使っているんですよね。


たまたま、このこども未来財団がTV上で話題になっていただけで、きっと沢山そういう怪しげな集団というか天下りと言われる団体があるのは確かなのでしょう。

人間欲深ですよね。


私もたぶん例外ではないでしょうけど、退職金をもらった後もまた就職し、また退職金をもらう。いわゆるエリートの位置に属する人たちはそれを繰り返すのかな?

このご時世、そことは正反対の位置にいる人たちもいるのに。

theme : 気になったニュース
genre : ニュース

個性的であること

ようやく製作が終わり(無理矢理最後は終わらせた気がする)搬入もして、作品展も始まりました。

思えば、中学の時、私の絵を何となく褒めて、学校の美術室に掲示してくれた美術の先生との出会いは大きかったと思います。

正直、小学生の頃、図画工作は嫌いでした。家庭科は好きだったけど。

図画工作はあまり好きでないところに追い打ちをかけた出来事が小学校5年生の時にあるのだけど、それを覆したのが、中学の美術の先生でした。

とても個性的で、ベートーベンみたいな頭であまり清潔そうでなくて、頭をポリポリ書いているような人でした。カーペンターズが好きだったようで、掃除や給食の時間にその先生が選ぶ曲はカーペンターズでした。


私が描いた教室の絵は、たぶんとても個性的で目を引くものだったのだと思います。
たぶんそれを高く評価してくれたのだと思います。


高校では、勉強が中心で絵を描くことはほとんどしませんでしたが、大人になってまた絵を始めたのは、やはり、中学の美術の先生のおかげでもあるのです。

今行われている作品展で、偶然先生が今年他界されたのを知りました。

生きているうちに会いたかったし、私の作品を見てもらいたかったな。

何度となく、会うチャンスもあったのだろうけど、私の方が機会を逃していたように思います。

私には、まだ時間があるので、(たぶん)また違う作品を描いて天国にいるであろう先生に褒められる個性的な作品を見せたいと思います。

theme : 絵画・美術
genre : 学問・文化・芸術

メールという名のコミュニケーション

携帯電話でメールをするのは、もう日常のことで。

私にとっては小さな手紙の時もあれば、用件を伝えるだけの時もあるし、挨拶だけの時もある。

返事もしたりしなかったり・・・てか、大体は返事をするんだけど、また相手から返事が来たりすると、うまく終わらない時があるので、いい加減にこの辺りでって思う時は、返事をしない。


色んな友人がいて、メールにとってもロマンチックな人もいれば、理屈ぽい人もいる。
全然ハートが届かない人もいる。


もちろん受け止める側の方の感情にもかなり左右されるから。


例えば、大好きで会いたい人にメールをする。

返事が来ないと、メールが届いていないかもと思ってみたり、忙しいのかと思う。
勝手の良い理由で自分を傷つけないようにする。

返事が来ても素っ気ないと、その気がないんだと感じつつも返事が来るだけマシかと慰めてみる。

真実は良く分からなくて、ただ面倒って言うだけのこともあるし、文章が下手な人もいる。


メールによるコミュニケーションは、不完全。

この間、夜回り先生が、こちらの地元にある新聞にこんな事を掲載していた。

「手紙を書こう。どんなに文字が下手でも良い。気持ちは伝わるから」

theme : モノの見方、考え方。
genre : 心と身体

命とお金

このところ、連日ニュースになっている「婚活詐欺事件」

少し前に独身の男友達と話してみました。


「あれ、おかしいよね。命よりもお金が優先なんだもん」
「人をだまして、しかももしかしたら、殺害している可能性も高いし・・・自分が裕福になれば、他の人は死んでも良いってどうかしてる」


友人であるK君は「俺だまされそうかなぁ~」

とつぶやいていましたが、彼の場合、持っているお金が少ないみたいなので、きっと詐欺の女性には

そんなにお金がないと思わなかった。さようなら」って言われるよ。


それに、K君は結婚する意思があんまり無いみたいだし、石橋を叩いて割るような慎重な人なので

他の詐欺は引っかかっても結婚詐欺は無いだろうな~と思うんですよね。



それにしても、ネットの世界はすごいですね。

今やキーワード「34歳」「婚活」「詐欺」

と入れるだけでマスコミでは伏せされている実名まででてしまうし、たびたび報道されるブログも解るみたいです。


当然のことながら、好奇心で集まるアクセスを利用しようとする人もいるし、人間の欲とか真相追求心というか、色んな事を思ってしまいました。


ちょっと疑問に思っていたのは、報道される画像が鼻から下半分で、ぼかした写真の骨格とは違うので、私個人はだまし取ったお金でてっきり美容整形でもしているのかと思ってましたが、違うんですね。

撮影した自分の画像を横幅だけ圧縮して細く見せている、そうするとサイズがぼかした写真と一致するそうなんです。

これもすごい!!!

そういう意味で虚栄の自分しか見せられないというのは、本当の自分が悲惨だからなのでしょうか?


数日前に、あるテレビ番組で、「ビューティー●●シアム」という美容整形やスタイリスト、デザイナーなどなどの著名な先生方が、依頼者を美しく変身させて、人生をやり直させると言うのがあったけど、
前後全くもって別人ですよね。


それが良いのか悪いのか賛否両論だと思うけど、同じ女性として言えば、やっぱ美しくありたいとは思うし、でも・・・やっぱ人をだますのは良くないと思うな。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。