02
1
2
4
6
7
11
13
15
17
20
22
24
25
27
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くにちゃんのくま

timmy bears

トールを始めたばかりの時は、くまがい先生のクマをよく描いていました。それから、井川先生のラビットも時々・・・そしてこの頃は、くにおか先生(くにちゃん)のクマも時々。

動物を描くときはやっぱ優しい気持ちになれますね。
それはトールの時も絵画の時も。


トールの時は、基本的にはペインターさんのデザインをあまりイメージを壊さないように見本を見ながら忠実にまねる所からなのでしょうけど、絵画の場合は、自分の描きたいイメージで描いていけるのでそれが面白くもあり、難しいところでもあります。


どちらが好きか、あるいはどちらが楽か・・・それぞれに違うところでしょう。

何もない真っ白な画用紙に、なんでも良いから好きな物を描くように言われると何も描けない人はトール向きでしょうし、自分の描きたい物をイメージ通りに描ける人は、トールは面白くないのかもしれないですね。



私は・・・どちらも楽しんでます。元々絵画教室に通い始めたのもトールに生かしたかったからですし、仮に絵画の方が面白いと感じても、トールをやめてしまうことは私には出来ないことなのです。


昨年のクリスマスプレゼントに絵画の先生からアクリル絵の具を頂きました。


他の生徒さんも、個々に合う画材をもらっていました。


「アクリル絵の具だったら、たくさんあっても使えるでしょ?」と先生に言われました。

たぶん・・・トールでも使えるだろうからと言うニュアンスでもありました。



本当は、時間が合えば、絵画の方のアトリエにもう少し行きたいのだけど、時間的調整がつかなくて今は絵画はのんびりいつものんびりだけど、それ以上にのんびりしてます。


提出期限があるわけではないから、その点はいいですよね~

そのうち、そんなことも言っていられなくなるでしょうけど。
スポンサーサイト

theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。