02
1
2
4
6
7
11
13
15
17
20
22
24
25
27
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義父の夢

相変わらず、よく夢を見ます。
今朝の夢は鮮明でした。

私はなぜだか結婚式場に写真を撮り直す予定で今のダーリンと式場で待ち合わせてウエディングドレスを合わせていました。

ところが、最近現実問題として体重が増えて背中(背筋)にお肉がついた私は、そのドレスの背中のジッパーーをあげることが出来ずに悪戦苦闘しています。

そのうちにダーリンがやってくるのですが、同じ会場で義父母は何かの式典(金婚式とか???)に出席しているようで正装しているのです。生きていたら、まさに金婚式ぐらいだと思うのですが。私がウエディングドレスと言うが変ですよね?




義父はもう2年前に他界しているのですが、夢の中の義父はとても明るくて元気そうでした。

未だ闘病生活に入る前に、私が「世の中何が起きるかわからないから、お義父さんより私の方が交通事故とかでコロッて逝っちゃうかも」と冗談で言ったら、それを本気にして


「それは、困る。本当に困る」と言った義父でした。



目覚めたときに、近くにいたダーリンに「私、さっき夢の中にお義父さんが出てきた」というと、本当かどうかは知らないけど

ダーリンが「僕も昨日夢の中に出てきた。昔の懐かしい光景だった」というのです。


実は最近義父に関するあることを我が家の事情で行ったので、それが、私達夫婦の潜在意識の中にあるのかも知れないですね。しかも、私が体重が増えて気にしていたので・・・リアルな夢でした


夢はREM睡眠の時に見ると言われるのだけど、私は物心ついたときから夢をよく見る方で、毎日とまでは言わないけど、その夢のことを記憶していることが多いです。ただ、夢のstoryは断片的だったり登場人物だけしか覚えていないときもあれば、見たこともあったこともない架空の人物などが出ることもしばしばで、そう言うときは不思議な違和感が残ることもあります。


今朝のようなちょっとリアルなのは、笑っちゃいますけどね。


不思議な物で一番会いたい人の夢はなかなか見ないのかもしれないですね。


今一番会いたいのは、やはり実父でしょうか?
スポンサーサイト

theme :
genre : 心と身体

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。