09
3
7
9
11
14
15
16
17
22
23
25
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トールペイントと絵画

真っ白な画用紙を渡されて、「なんでも良いから描きましょう」と言われたら

きっと筆(ペン)の進まない人が多いと思う。

よく言われることが「絵心がないので」描けない。



ある人が言っていた。


「上手に描こうなんて思わなくて良い。まずい絵でもいい絵はたくさんある」



その点、トールペイントは最初は下絵があるし、限りなく塗り絵


自分でデザインしなくて良いので導入は楽


そこから、多くの人は、結構一定のペインターの作風を描き続けたり、弟子入りしたり?する傾向がある。

ペインターの絵が好きな場合も多いし、作者が好きというのもあるだろうし・・・

こだわらず、似た感じの作品を描いていく人もいる。


私の場合も、好きなペインターはあるし、描きたいと思う作品や色は似ていると思う。


コレクターのように本ばかり買ってしまうこともある。



ただ、この頃・・・というか


たぶん絵画教室の影響が大きくなり、トールももちろん大好きなんだけど。。。
結局「模倣」に過ぎないと思う部分も私の中に芽生えている。



トールのある先生が「模倣」でも好きな絵をそばに置きたい、そういうのも良いじゃない?

もちろんそうだと思う。


私は「模倣」の中にも自分を見つけたいんだよね。

絵画教室では、

最初の作品で実は薔薇を描いた。

でも、いつも描く薔薇とは全く異なる物で先生もきっと意図的に私の形を崩そうとしていた。

あの薔薇を描き終えたのが4月。

そして、やっと終わった風景画・・・

そして、今動物と鳥


その後に描くモチーフも決めてある。
描くペースは絵画教室は圧倒的に遅いけど、焦らずゆっくり描いていきたいと思う。
トールも同じだって・・・

速いペースで描くのが必ずしも良いとは思わない。
スポンサーサイト

theme : つぶやき
genre : ブログ

誕生日の記憶

高校の時、部活で一緒だったC

私にとっては、ある意味とても大切な男友達。

卒業してから、会ってないよね

夏休みのクラス会の時、理由はわからないけど、彼は来られなくてで少し話しただけ。

私のすご~い遠い記憶をたどると・・・高2の時、席が隣になり
誕生日の話をした。

私は6月で・・・Cが9月・・・「乙女座なんだ」と言ったら

「残念でした、9月でも遅いから天秤座です」


などというやりとりをした覚えが・・・


で・・・その記憶の元、本人に「そういえば、誕生日9月か10月だよね?」と数週間前にメール


今日が誕生日と判明し~


HAPPY BIRTHDAY


高校の時、Cの気持ちはわからないけど、本当に恋愛感情抜きで友達でいられたから

私は今でも月日がたってもこうして連絡できるし,会いたいなぁ~って思える。


お互い同じ日本で暮らしているけど距離があるから,簡単には会えない。


でも、いつか会おうね。




theme : 今日の出来事
genre : 心と身体

消えた!

突然ですが、操作ミスをして・・・

さっきまで書いていた記事を消してしまいました。


雨だし、ちょっといろいろ思うこともあって愚痴っていたのですが・・・

それは、きっと「愚痴ばっか書いていないで」という

神様のなせる技なのかもしれませんね・・・




家にいるとやらなければならないこともそれなりにあるはずなのですが、いざの前に座ると身動きしなくなってしまうから・・・だめですね。


予定が大幅に変わってしまいましたが


それは、きっと私に与えられた自由な時間として

創作活動をしようと思います。

theme : つぶやき
genre : ブログ

逃げ道

ちょっと独り言を、つぶやきたいとき

それが・・・私のブログだ・・・・


もちろん「トール」ねたが多いはずなんだけど・・・この頃というか・・・こちらのブログはそうでもなくなったかも。


「トール」への情熱もその時次第ってあるからね。

「描かなきゃいけない」を背負うとつらくなるときもあるから・・・




メジャーで知られている私のブログには本音をかけないときもある。
リアル私を知る人もたまに・・・

「mizukikawaiさんって、こんな事を思ってるンだぁ~」と

驚くことがあるらしい。

別に笑いをとるつもりもなく、ダーリンとの日常を記事にすることもある。




ネットではカキコしたことに対して、絶対的賛成ばかりではないから・・・とある友人が言ってた。

確かにその通りだと思う。


例えば、今私がカキコしていることに対しても「反論」したい人もいるだろうから。



月末に近づき、ちょっとにわかに周囲も、私も仕事などが忙しくなってきた。

ちょっとモチベーションを上げて・・・逃げ道からもとの道へ戻らなきゃ

theme : つぶやき
genre : ブログ

友達と食事

何かを作ると言う意味で「料理」をするのは好き。

昔からお菓子作りは好きだったし・・・(もちろん食べるのも)
美味しく食べてくれる人がいれば、喜んで作っちゃう。


そんな話をしていて、ある友人から「ビーフシチューが食べたい」と


私流で良ければ・・・
台所と鍋を貸してくれれば・・・


等と言って、少し仕込みをして作って・・・

友人宅で一緒に食べる。



家族には家族用にシチューを作っておいたのだけどね。



たまには、自分以外の人が作る料理も良いモノでしょ?
不規則な食生活の友人だから・・・・

毎回リクエストにお答えすることは出来ないかもしれないけど・・・たまには作りますよ。

今度はキノコご飯かな???

theme : 料理
genre : 趣味・実用

迷ったときに

9月後半になりました。

7月ぐらいにトールのある定期教室に行こうか迷っておりました。

実は既に定期教室には通っているし、考えようでは、両方とも月に1度のこと。

金額も迷った方は月額7500円ぐらいかなぁ~

その他にセミナーにも時々行ってたから、トールにかけている費用が膨大になっていることに気がつく

セミナーを先ず減らさなきゃ

自分の収入も考えなきゃ・・・



何年か前、市が主催とする5回コースの絵心講座の後、油絵のサークルを薦められたがその時はと迷って油絵を辞めた。

今回は絵画教室は既に何かの引力で通っていて


トールじゃなくてももっと幅広い表現をその教室で先生から学んでいる。

トールにはトールの魅力があって、それは良く分かっているつもりだ。
ただ、7月に迷っていたとき、経済的な事柄と時間と、私のこだわりが結局油絵を選んだのだと思う。



先生に詳細は話さなかったが、「迷っていることがあるから、」とたびたびメールをしていた時期を思い出す。
メールは嫌いなはずなのに遅れながらも一応レスを1回は返してくれる先生の対応もある意味ではとても近くに感じたし。



先生は先生で抱える悩みもあるのだろうけど

油絵をはじめるにあたって、穏やかに迎入れてくれたことにとても感謝している。

経済的事情はさほど変わっていないけど、精神的事情は大きく変わったような気がする

トールでも油彩でも

私を表現するモノに代わりはないのだけど・・・

きっと私は、導かれた方向に進んでいくのだと思っている。

theme : お絵描き・ラクガキ
genre : 趣味・実用

癒し

lala2

我が家のアイドル
5月に我が家にやってきた。

さすがに我が家のメンバーには慣れたようで手や肩に乗る。

本当はおしゃべりさせたいのだけど。。。なかなか話してくれない。
ある日突然しゃべるかもしれないので、遊べるときは遊んでいる。


子供達にとっても、私にとっても、ダーリンにとっても「癒し」の存在・・・



このインコ(一般的にどのインコもそうらしいのだけど)
光り物が好きで、とかとか眼鏡とかすぐにつついてきたり乗ってくる。


私が眼鏡の日は、大変で、おしゃべりしている途中に、眼鏡に飛び乗ってくるので、私の視界は突然閉ざされる。


インコ故、許されるのだけど。



そうなると、私は眼鏡を外すことになり、結局何も見えない状態だったりするんだけどね~

インコと遊ぶ時間が増えると描く時間は減ってしまうけど、それでも可愛いモノは可愛い。


theme : 小鳥大好き
genre : ペット

モチーフ

くり
友人が、絵の題材にいが付きの栗を持ってきました。

和栗ですね・・・秋だなぁって思います。


私も子供の頃、山のあるところに住んでいたので、自然の栗を祖父母達と採集して栗ご飯にしてもらった記憶があります。


最近は天津甘栗を食べる方が多くなりましたけど。


明日は、こちらも台風が通過する模様・・・

今はとても静かです。嵐の前の静けさですね。


台風が去った後は、友人のところで会食をする予定です。
メニューは、友人のリクエスト、作るのは私・・・美味しくできるのかなぁ~
台風が去った後は買い出しにも行かなきゃ・・・

theme : イラスト
genre : 趣味・実用

上司の転勤

今朝のメールを開くと、仕事先の担当者から「●●さんが10月に転勤することになりました」と


はぁ~

時期的にわかるようなわからないような・・・ちょっと急な感じでもあるので

会社的に何かあったのかな???


転勤先も結構西の方~
街と言うにはやや微妙。


でもって、代わりにやってくるのは南の島から



らしい・・・



責任者が変わるって事はきっと雰囲気も変わることでしょ~

でも、一応私を非常勤とはいえ、採用していただいた●●さん、9月中には一度顔を合わせておいた方が良いような気もします。



仕事もある意味過渡期だし・・・

どうなるんだろうね・・・

theme : 働き方
genre : 就職・お仕事

真っ黒ね

先日、ご近所のおばさまに

「しばらく見ないうちに真っ黒になったわね」と言われました。

が理由です。

前にあったのが地元の花火の時で、その時既に私は真っ黒でしたが、暗くてわからなかったのだと思います。


本当は、紫外線対策をして、日焼けしないようにした方が良いのでしょうけど



面倒だし、何かを着用するのは暑いから苦手なんです。



「健康的で良いじゃない」と

言ってくれる方もいますが


冬になったら、私の肌はどうなるのか不安です。

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

ストレス解消の1つはおしゃべり・・・

昨日自分で作ったレアチーズケーキを近所の友人宅に届ける。
友人のお嬢さんは、我が家に時々トールに来るのだけど、彼女はチーズ系はあまり得意ではなくて
息子と同じ年のT君や弟のY君は食べるとか・・・

気分が滅入っていたので、意図的に明るい洋服を選ぶ。

友人宅にはショッキングピンクのミニスカート

通常ではそんな色は選ばないと思うのだけど、私の場合は違和感がないと勝手に思ってる。




今日は・・・




とあるところにお出かけ予定。




に「良いんじゃない?勝負服来ていけば~でしょ、やっぱり」

「確かにだけどカットソーだし、デザインは全然派手じゃないから、勝負服とは言い難いけど」

「いいんだって~で」

赤と言ってもホント色んな赤がありますが~トマトスパイスのような赤


赤のイメージは、情熱、血液、怒りなどでしょうか?

我が家にある「RED」という色の本によれば・・・


落ち込みに打ち勝ちたいときに。


って


なかに書いてある言葉の一部


「あなたが必要としているものを 
     赤は知っています。」




theme : こころ
genre : 心と身体

やけ食い

少し傷ついたことがあって・・・それはもう・・今さらどうにも出来ない過去の出来事が原因なんだけど。

私の中では、消化されている事柄だったのに、あることをきっかけに思い出す。

きっかけを作った人は、私の過去の事柄を全く知らない人なので、私を傷つけるつもりは全くなかったと思うし、他の人が傷つくような言葉でもなかったのだけど・・・




だから、私は

その心を誰にも気づかれないように




本心を隠す・・・・





時間が癒してくれることもあるし・・・

自分で立ち直るときもあるし




テニスだとか絵が気分転換してくれることもある・・・



ちょっと今回は軽傷だから、自分自身で立ち直れると思う。

さっきやけ食いした・・・


でも、結局むなしいだけのような気分になった。


theme : ひとりごと
genre : 日記

法事

義父の1周忌の法要でした。

まだ実際1年は過ぎていないけど、約1年・・・早いモノです。

確かに今頃、もう時間の問題だった義父の寿命をあたふたというか・・・いつお迎えが来るのかと思っていました。


今はまだ義母が元気なので、色々な段取りはすべて義母任せでしたが・・・

義母も年を取りましたから、今後どうなるやら・・・ちょっと頭が痛いです。




息子の学校のことや、自分の仕事のこと、考えることはたくさんあります。

必要のない嘘

パープルローズ
このブログに引っ越してから、トールペイントの作品を掲載しなかったなぁ~

画像を色々見ていて、2005年の9月に描いた作品を見つけてアップしてみました

トールを始めたときに、いつか「薔薇を描くぞ」と思って、今では・・薔薇の色んなペインターの先生の描き方を学習進行形です。

ちなみにこの薔薇は、描き方は「湯口」先生の描き方を参考にしました。

リターダーという絵の具の乾きを遅くするメデュームを使って油彩風に描いていくのです。





今、私は画家の先生の元で油彩も始めたのですが、この3年前の経験が意外に今、私を抵抗なく油絵に誘ってくれたのかもと思います。






この画家の先生に出会うにあたって、画材屋の影響は大なり小なりあると思っています。
画材屋がなければ出会っていませんでしたし、私も絵の具を探すためにその場所に行かなかったでしょうから。


初めて画材屋に行ったとき、そこには、受付のお姉さん(後にタメと知る)がいて、色々と対応してくれました。その後責任者からがかかってきて


教室に通うことになったのだけど・・・

この責任者、ほとんど同世代で、結構イケメンです。
見る目があるかどうかは別として、ちょっと落ち着いた雰囲気があったので、既婚者だと私は直感で思ったのです。

ところが、ある時教室の別の生徒さんから「夢はあるみたいですが、独身らしいですよ」と聞いて


あんまり理想が高くて結婚しないんですねって

思い・・・かれこれ数ヶ月。だいたい私はその教室に行くのが昼間の時間帯だし、責任者は受付の人と交代で夕方からの店番なので顔を合わせることもなかったのだけど。




で、ある時、私達生徒は直では関係ないのだけど、店の方針などをにして、なんと~その責任者が妻帯者であることが判明

私の直感、あってたじゃん

一緒に話していた人の弁では
「生徒さんの前では独身って言ってるみたいだね」


呆れてしまいました。


別にその人が、既婚者であっても独身であってもあんまり影響はないのですが

嘘をつかれたような気分で・・・

ちょっと嫌な気分でもありました。


絵を描くときはpureな気持ちで居たいな



メル友

高校の時、テニス部のマネージャーだった私。

実は、そこに定まるまでに、結構色んな部活を転々・・・

最初は、本当にテニスをするつもりでテニス部へ
入部したばかりの時にが続いて・・筋トレがイヤだった私は即違う部活へ

順番は忘れたけど、合唱部、地学部(天体観測がメインなんだけど・・普段はやることなし)他見学もいれたら、いろいろw



教室でぼんやりしていたら、テニス部の男の子に

ナンパ???

いやスカウト


「今さぁ、マネージャーがなくて、先輩から『可愛い子を連れてこい』って言われてるんだけどさぁ」

「じゃあ、私駄目ジャン。可愛い子の部類には入らないし」本当は可愛いと言って欲しいのに、否定的・・・ホント可愛くない


「イヤイヤ、そんなことはない、良いからさぁ」待ってました、その言葉。

「仕事何?」

(以下省略)


結局、その君に半分そそのかされて、マネージャーになったんだけど。
結局、彼らの練習する姿を見てるだけ・・・




試合の時も応援するのが仕事、一応スコアはつけるけど、暇


本音はテニスしたかったな・・・

でも、それから他の部活と兼部してちょうど良くなった。


テニス部マネージャーだけでは退屈だったから・・・

ただ、そこに彼氏とかいれば、また見てるのも良かったんだろうけど・・・
対象者おらず


でも、中には休憩の時、気を遣ってくれるプレイヤーもいたり、気がついたら、クラスが違っても友達に
なっていたり・・・同じクラスだったけど、教室ではほとんど話さなかったのに、マネージャーという距離が近くなって友達になった。


おかげさまで、マネージャーは「女子であって女子ではない」存在に。

高2の時に、そのテニス部のCと同じクラスに。
彼は進学校なのにやんちゃな生徒だったから、意図的に仲間とクラスを分けられた感じ。

教室で私の姿を見て
「おまえしか、知っているヤツがいない」と。


元々寂しがりやのCだから。


しょうがないなぁ~


なんだかんだで時は過ぎ、Cは関東方面の大学へ
私は東海地区で・・・


ずっと会ってなかったし、連絡も取りようがなかった。
先日のクラス会で共通の友人Aに


そのことを言われ(Aは今でもCとつきあっていて)

お互いに「恋」はしていないけど、


ある意味相思相愛だったんだってちょっと懐かしく・・・

何もなかったから、余計にそう思えるのかも。



頻度は多くないけど、クラス会以来・・・再会していないけどメル友だね~



theme : 小さなしあわせ
genre : 日記

今と昔

8月半ばに高校時代のメンバーと集まり

当時の私を知る人は、私が「絵を描く」なんて考えられないと思う。

基本的に進学校だったから、音楽や芸術方面に進む人は少ないモノ・・・

たまに学年に1人ぐらい、タレントや女優になった人がいるかいないか程度


私自身がもし、このままの姿で、高校生の私にあったら、お互いが

ある意味ショックを受けるかも・・・



高校生の私から、今の私へ

「何で、医者と結婚してないのよ


今の私から、高校生の私に

「もうちょっと勉強して、上の資格が必要な時代になるから」
「日本の景気はね・・・」とか行ってしまいそう


決して戻ることは出来ないのだけど、私は結構良い出会いをしてきたと思っている。

今の私が存在するのは、周りの環境が大きいし。

高校生の私に、それはわかるのだろうか?

振り返ると、後悔していることももちろんあるけど、どうにもならないなら・・・
今からのことを考えたいと思っている。





アトリエ

先日、先生のアトリエにお邪魔しました。

先生と言っても、トールの方ではなくて「洋画」の先生。


いつもの教室は、画材屋さんの店舗内にあるアトリエで、先生はそこでは店長に雇われている身分?なんですね~


詳細は全然わからないのだけど、絵の世界も色んな「協会」とか「流派」みたいなのがあるらしく、そういうのも結構大変みたい。

コレって、医者で言うなら「医局」みたいな感じかな?


先生は、芸能人で言うなら「辰巳琢郎」みたな雰囲気の方です・・・

本人には言ってませんが、もし、それを言ったら「僕、そんなに頭良くない」と言いそうだけど。

アトリエで先生が描いている途中の作品をチラ見しました。



スケールの大きさが、トールとは全然違います。

自分の身長より長いキャンパスに描くって・・・


いつも自分の描いている作品、画用紙より大きい物ってないなぁ~って思います。



先生のアトリエは、教室のアトリエとはまた違った空間でした(当たり前ですが)。




看護の世界だけにどっぷりつかっていたら、画家のアトリエに行くなんてあり得ないに近いことだけど、色んな偶然が重なって、(きっかけはトールですね)、そういう出会いが出来たってちょっと素敵


勝手にそう思ってます。




絵画(アルキル画、油彩)の世界は、まだ未熟なのだけど・・・


「トールの腕があるでしょ?」と叱咤激励していただいてます。




それにしても、いつになったら私の作品、完成するのかなぁ~なんて九月





theme : ☆★手作り仲間★☆
genre : 趣味・実用

「小倉百人一首」

問い合わせ先

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

南欧のお散歩


by ブログパーツ時計の森

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。